【ボードゲーム】ハコオンナ・・・?

 

暖房の存在を否定し続ける冬の一日、てかもうハロウィンじゃないですか!!!

 

はい、今回はハコオンナをプレイしたので、ちょっとした雑記と感想を書いていこうと思います。

 

 

みなさんキャプテンリノをご存知でしょうか?

大衆向けボードゲームの王道であるHABA社(ドイツ)の製品です。

ざっくりと説明すると「タイルを積み重ねるバランスゲーム」なんですが、これらのゲームを筆者は個人的に「環境ゲーム」と呼んでおります。

 

次に、タイムボムというゲームをご存知でしょうか?

こちらは打って変わって隠匿系の「犯人捜しゲーム」です。

スリルと自己決定のドキドキ感がたまらないゲームです。

 

 

 

・・・いや、ハコオンナの話しろよ!!!

 

前述の二つのゲームを挙げた理由は、「なんか似てるな」と思ったからです。

ハコオンナには、「チップ積み上げ」と「半正体隠匿+スリル」の要素が多く含まれていました。

 

隠匿や若干の心理戦だったり、腹の探り合いは筆者大好物でして・・・(白目)

 

 

更にこのハコオンナ、親と子に分かれて行うゲームでした。(親でしかプレイできてないな・・・子もやってみたい)

 

かなり内容の濃いストーリーもあり、親としてプレイしている筆者はTRPGのGM(ゲームマスター)をしているような気分でした。

 

ご存知の方もいるかもしれませんが、ハコオンナなんと舞台化しております!

見てみたかった反面、怖くて見れそうにない・・・

 

 

ゲームの方に話を戻しますがこのゲーム、ルール説明が濃いので、順を追って説明すればゲーム自体の進行は割と早いゲームかと思われます。

初心者でもねっとりと、じっとりとストーリーに没頭しながらゲームができると思われます。。。

 

 

 

まとめますと、「ゴリゴリゲーマーよりかはパーティー向け?」という印象ですね。

親含め五人までのプレイが可能なので、サークルに一つあればいい緊張感とホラーが味わえるでしょう。

 

それではここらで終わりにします。

家の隅から覗いてくる視線に気を取られないようお気をつけて・・・

コメントを残す